学習塾がない田舎でも効率的に勉強できる小学生・中学生の通信教材比較

学習塾が自宅の近くにない田舎での小学生や中学生の通信教育の利用について、また郊外に住んでいるから分かる問題などについて、とある農村からレポートします。

学習塾が乱立している都市部と生活圏に学習塾が存在しない郊外、いわゆる田舎とでは子供の教育に格差が付いてしまう可能性があります。そこで、利用を検討したいのが子供用の通信教育です。

田舎や郊外の学習塾事情と時間の関係

都市部から離れた郊外で育った私は、学習塾に通ったことがありません。ただし、中学3年生の時に高校受験のために、苦手だった英語と数学の通信教育を半年だけ受講したことがあります。

その時に感じたことは、得意な科目は特別な勉強をしなくても学校の授業についていくことができるが、苦手な科目は一旦分からなくなってしまうと、その後は理解が止まってしまうということです。特に、学習プロセスを考えると積み上げ科目である英語や数学に共通している点です。

本題に入りますが、田舎では自宅の周辺に学習塾がないことが一般的です。そのため、車で送り迎えをして片道30分以上も掛けて学習塾に通うことになります。つまり、往復1時間で一週間に3回であれば、週3時間は車の中で過ごすことになります。

この1週間に3時間を自宅学習に使えば、車のガソリン代も学習塾への高額な受講費も必要なくなります。実際に、添削型やタブレット型の通信教材を上手に利用すれば、一日たった30分だけ机に向かうだけで、十分な効果が見込めます。車の送り迎えの時間を子供の学習時間に替えてはいかがでしょうか?

教材タイプはお子様の性格を考慮して決めましょう

小学生や中学生用の家庭学習用の通信教育では、大きく区分して、以下の2つのタイプの学習教材があります。

  • ペーパー添削型教材
  • タブレット型教材

上記のいずれの方法を選択したとしても、学習する内容には変わりはありません。それでは、添削型とタブレット型のどちらを選択すればよいのでしょうか? 一言で言えば、お子様の性格に合ったタイプの教材を選択するのが最適でしょう。まず、それぞれの教材タイプの特徴を考えてみましょう。

ペーパー添削教材の特徴

ペーパー添削教材では、教材が自宅に届けられた後、練習問題や課題を郵送して添削してもらい、その添削結果が返送されてくるという流れになります。通信教育の形式としては昔からあるベーシックな教材方式になります。

添削教材の特徴は、多くの時間を練習問題に割くという点、練習問題や課題を通して、添削先生からきめ細かな指導を直接受けられる点、それに郵送や返送というワンクッションの手続きを挟みますので、学習と添削の復習にタイムラグが発生するという点です。

また、届けられた後の学習進度は受講者側の意思によって進められなければなりません。そのため、親御さんが自宅での子供の学習管理や学習進捗を整えてあげる必要があります。あるいは、普段から学習をする習慣付けをお子様に促してあげる必要があります。

  • 練習問題や課題を自主的に学習する
  • 直接、添削先生からきめ細かい指導を受けられる
  • 郵送手続きにより復習にはタイムラグが発生する
  • 両親を含めた受講者側の自主性が求められる

添削教材の特徴のポイントを纏めると、上記の4点になります。つまり、懸念すべき点として添削は即時にはされない為、タイムラグが発生します。

その一方で、一旦、学習習慣がつき、自主的に学習が進められるようになると、これ以上有効な教材はないとも言えます。つまり、添削教材の最大の利点は子供に自主学習の習慣を付けることであり、それが最大の収穫だといも言えます。

タブレット型教材の特徴

タブレット型教材ではタブレット端末・PC・スマートフォンを使用して、学習をするめる形式になります。この教材を使用するための最低限の条件は、インターネット環境が整備されていることです。ネット環境がある場所であれば、田舎でも海外でも、屋内だけではなく屋外でも学習場所を選びません。

タブレット型教材の最大の特徴は、オンラインで即座に練習問題や課題を完結できる点です。そして、教材によっては一流講師の講義を視聴することもでき理解を深められる点も利点です。

また、タブレットという特性上、お子様には学習への興味が向きやすく、各社とも学習をゲーム感覚で進められるように十分な工夫がされている点は見逃せません。

子供が勉強から遠ざかってしまう大きな要因は、集中力が長続きしないことです。タブレット型教材には、ゲーム感覚のカリキュラム構成で、子供の学習への興味を長続きさせ、飽きさせないという特徴があります。

お子様の性格により教材の相性を検討しよう

最後に、添削型教材とタブレット型教材の最も大きな違いは、紙と鉛筆を使う学習スタイルが添削型教材であるのに対して、電子デバイスを使用して学習するするスタイルがタブレット型教材です。

手と頭と使って文字を書き学習することは学習過程では重要な作業です。その一方で、将来的には、全ての学校でタブレット型の教科書が配布されることになるでしょう。この現状を考えると、タブレット型教材が、今後は広く普及していくことになるのも事実です。

私の考えでは、学習習慣が身に付きやすいお子様で、自ら自主学習が進められるのであれば、「文字を書く」習慣が身に付けれれるペーパー添削型教材で学習されるのがよいと思います。

一方、勉強への集中力が長続きしない、あるいは文字を読むことが苦手なお子様の場合は、タブレット型教材で効率よく学ばれるのが最適かと思います。

最後に付け加えておきますが、実際にはタブレット型教材でも専用ペンで文字を書く練習が出来るように工夫されています。学校の宿題ではノートと鉛筆での練習をして、個人的な自宅学習ではタブレット型教材を使用して学習することをおススメします。

各社により月額料金は異なる

1ヶ月の利用料金は、それぞれ以下の条件により異なります。

  • 教材
  • 学年
  • 受講科目数
  • 支払い方法

上記のように、教材を提供している業者により料金は異なるだけではなく、受講するお子様の学年や受講科目数により若干異なります。また、一年間の一括払いなどの支払い方法により少し安くなる場合もあります。

一般的には、子供の通信教材の1ヶ月の月額料金は、500円から6,000円程度までと受講する通信教材の種類により幅があります。そのため、まずはお子様に合っている教材かどうかを確認することから始めましょう。

ご利用者から評判の良い教材のご紹介

学研ゼミの特徴

  • 月額500円から教科書対応のドリルで学校の授業対策ができる「スマートドリル」
  • 遊び・ゲーム感覚で自主的な学習をサポートする「ワンダードリル」
  • 無理なく、楽しく、まなびの土台を育てる「キッズクラス」
  • いつでもどこでも気軽に読める電子書籍600冊「学研図書ライブラリー」
  • 分かりやすいニュースで楽しく理解できる「学研ジュニア新聞」
  • 百科辞典・辞書・図鑑を、もっと気軽に、便利に使える「学研デジタル百科事典+」
  • “生きる力”や“考える力”を育む学研厳選の安心動画が見放題「学研チャンネル」

紙に書く勉強がおろそかにならないか心配なのですが…
応用問題はプリントアウトできます。スマートドリルで基礎をで学んだ後に、紙を使った応用力アップ、定着度の確認を行うことで、効率のよい学習が可能です。

  • 月額:500円~1,000円(税抜)

スマイルゼミの特徴

  • 英語が標準教科として無料で学べる【小学】
  • タブレット専用ペンで書いて学べる【小学】
  • ご利用頂いたお客様の91.3%が学力UPを実感【小学】
  • 理解度に応じて難易度を変える「完全オーダーメイド型学習スタイル」【中学】
  • 高精度デジタイザーペンを使ったペン書き学習で記述力が身につく【中学】
  • 定期テスト対策講座をご利用頂いた会員様の94.9%が役に立つと回答【中学】

ご利用者の声

  • 宿題~ピアノ~スマイルゼミという生活習慣が自然と身につきました(小学1年生)
  • 授業の予習として使えて学校の勉強が楽しくなったみたい(小学3年生)
  • 指で操作して、実際に実験しているような感覚をつかめるのがすごい!(小学4年生)
  • 楽しく学びながら正しい発音を身につけられる英語教材が大好評!(小学4年生・2年生)
  • 苦手だった図形問題が解けるようになりテストで20点アップ!スマイルゼミは、何回も繰り返すことができるのがいい。(中学1年生)
  • 予習をするときも、英語は音声付きなのでわかりやすい。タブレット1台で5教科すべてやれるところもいい。(中学1年生)
  • スマイルゼミがリードしてくれるので、効率よく勉強できました。1年生からやっておけばよかった… とかなり後悔。(中学2年生)
  • 月額:2,980円~(税抜)
>>>◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

>>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育



スタディサプリの特徴

  • 圧倒的低価格、月額980円(税抜)!塾平均よりも、年間で約24万円お得!
  • 専用教材の購入の必要なし!自宅のパソコン・タブレットが塾になる!
  • 学習計画機能で、今日何を勉強すればよいのかが自動でわかる!
  • 有名予備校、塾で立ち見記録を持つ実績講師陣が、単元に沿って豊富な先生の講義を展開
  • ドリルの正答率で、ニガテなポイントを見える化。
  • お子さまの学習記録を、保護者にお知らせする機能も充実!
  • 小学・中学・高校、そして大学受験まで、5教科18科目すべて学べて月額980円

ご利用者の声

  • 火曜と金曜はサプリの日。無理せずマイペースで続けています。(小学5年生)
  • わかるところは早送り。勉強の効率がいいので、どんどん進められます。(小学6年生)
  • 1年生の基礎から復習できるので、部活で遅れた苦手な英語も、挽回できました!(中学3年生)
  • 月額:980円(税抜)
>>>スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料



各教材の対象・科目・費用の比較

教材名学研ゼミスマイルゼミスタディサプリ
対象者幼児
小学生
中学生
小学生
中学生
小学生
(4~6年)
中学生
高校生
大学受験
受講科目国語
算数(数学)
理科
社会
英語
国語
算数(数学)
理科
社会
英語
国語
算数(数学)
理科
社会
英語
その他
教材タイプPC
タブレット
専用タブレットPC
タブレット
スマホ
受講費用500円~
1,000円
3,600円~
7,980円
980円

【告知】
只今スタディサプリのお得なキャンペーンを実施中です! Amazon2,000円ギフト券&1ヶ月無料でご利用頂けます!5月10日まで! >>>こちらからキャンペーンコードをお早めにどうぞ!

学習習慣2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする