癌(がん)になるメカニズムでの食物と血液の関係

癌体質を生成するメカニズムの過程で、日常的に私たち日本人が摂取している食物のうち2つの食品群を指摘しておきましょう。まず、動物性タンパク質を中心とした食品群であり、それらは、癌を発生させる元凶です。

もう一つの食品群は、精白食品と言われるものです。具体的には、精白米、白パン、白砂糖、うどん、などのことです。これらの食品は、腸内での腐敗現象を増幅して、血液の性質を悪化させます。

そして、癌になるメカニズムは、腸内で腐敗現象が起こると、様々な毒素が発生して、血液が汚れてしまい、血球の性質も悪くなります。そのため、細胞へ悪影響を与えて、様々な炎症を引き起こします。

その炎症の1つのタイプが癌というわけです。炎症の起こり方は様々ですが、そのひとつのタイプが、がん細胞の発生となります。このように癌細胞発生のメカニズムは、慢性病の一形態であるといえるでしょう。

慢性病は、食生活を含めた日常生活の中に原因があるにもかかわらず、癌の治療には劇薬である化学薬剤を用いた治療方法が主流となっています。癌を生じさせない食生活をすることで、多くの方が癌になりにくい体質作りができることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする