簡易型屋外用のカマドが便利! キャンプ・アウトドア・レジャー時に必需品

キャンプやアウトドアのレジャーでフル活躍する「簡易カマド」のご紹介です。釜戸と言うと、レンガや土で固めた大掛かりなモノを想像してしまいますが、手軽に利用でき、焚き木などよりも圧倒的に安全なアウトドアやレジャー用のかまどを使用してみては、いかがでしょうか?

この記事は、下記のような内容をご紹介しています。

  • 簡易カマドとは?
  • 簡易カマドの特徴と用途
  • 主な簡易カマドの商品比較
  • 簡易カマドの口コミや評判

簡易カマドとは?

釜戸は典型的には、土、石、セメント、レンガなどで作られたものですが、移動可能にスチールを加工して製造されたものが簡易型のカマドになります。

簡易型のカマドは、屋外であればどこでも使用することができ、アウトドアレジャーやキャンプなどで活躍しています。また、震災時の炊き出しでも、簡易型カマドが活躍しました。

簡易型のカマドの多くは鉄製のため、熱源に使用する材料は薪や炭になります。基本的に、屋外で使用することを想定して製造されたデザインになっていますので、煙突などの排出口は備わっていません。

簡易カマドの特徴と用途

簡易カマドの最大の特徴は、上述した通り、移動可能でどこへでも持ち運びが出来るため、とても便利です。本体の重量は5kg~7kg程度ですので、女性でも簡単に持ち運べますね。

キャンプなどの焚き木をする時には、風向きを考えて、石を積み上げて空気の入り口を考えますが、使っている時に風向きが変わってしまうなんてころがありますね。そのような時でも、簡易カマドであれば、風向きに合わせて簡単に向きを変えられます。

また、焚き木の場合は、薪や木炭などの燃えカスが残ってしまいますね。もちろん、それらの残炭を片付けて清掃するのがモラルですが、そのまま放置してあるケースも多くあります。

簡易カマドを使用すれば、底板が付いているタイプのものは地面を汚すことはありません。そのため、キャンプで使用しても、庭先で使用しても、後片付けが非常に楽です。

簡易カマドの用途について、カマドの上部には鍋受けが付いていますので、鍋や釜戸鍋を使って、お米を炊くことが出来ます。もちろん、お湯を沸かしたり、カレーライスを作ったりすることも出来ます。

また、カマドの内部には目皿(灰受け)が付いていますので、上手に利用すれば、魚を焼いたり、ピザもこんがり焼くことが出来たりします。

キャンプなどでは、カマド上部に、やかんを載せておけば、いつでも熱いコーヒーなどの飲み物が楽しめます。

主な簡易カマドの商品比較

 ホンマ製作所
レジャーカマド
RM-410
サンカ(SANKA)
極厚かまど
OS-0656
田中文金属
万能かまど
S(完成品)
直径35cm
37cm35cm
重量3.5kg7.2kg2.6kg
材質スチールスチールアルミ
価格値段を確認値段を確認値段を確認

簡易カマドの口コミや評判

ホンマ製作所 レジャーカマドの口コミ・評判

  • キャンプ場や河原で直火禁止の場でも使える
  • 丸底の鍋がグラグラしないで安定しておける
  • 高さも程よく、火を調整しやすいのが良い
  • 底板があるため灰が地面に落ちないので片付けが楽
  • 軽量のため女性でも持ち運びが出来て移動が楽
  • 安くて便利で使い勝手が良い → コスパが良い
  • その他の購入者の口コミは >>> コチラ

ピザやグラタンには【ピザ窯 チムニー】が売れてるよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする