シャワーユニットをDIYでリフォームする場合の費用と選び方のポイント

中古住宅を購入する時には、リフォームする可能性が高い家屋内の水周り設備としてバススペースがあります。ここではお風呂設備をDIYでリフォームすることを前提に、下記のようなポイントについてご紹介します。

  1. バススペースをリフォームする場合の選択肢
  2. シャワーユニットをDIYでリフォームする場合の工事のポイント
  3. シャワーユニットをDIYでリフォームする場合の選び方と比較

バススペースをリフォームする場合の選択肢

中古住宅を購入する場合、多くの人は風呂周りの設備を新しいユニットに改築したいと思うことでしょう。そこで、バススペースをリフォームする場合の可能性を考えてみましょう。

  • バスタブのみを取り替えるリフォーム
  • バスタブからシャワーユニットに取り替えるリフォーム
  • バススペース全てをリフォーム

バススペースを改築する場合は、上記のようなリフォームのプランが考えられます。

バスタブのみを取り替えるリフォーム

最もノーマルなリフォームは古くなったバスタブだけを取り替えるというプランです。バススペースと新たに設置するバスタブの大きさによってリフォームに掛かる手間や工数は異なりますが、上記のリフォームの中では最も手軽なリフォームの一つです。

例えば、旧バスタブと新バスタブの縦×横×高さの大きさが同じであれば、道具と材料さえあれば簡単に出来る作業のため、最も多くの方が考えるプランでしょう。

バスタブからシャワーユニットに取り替えるリフォーム

次に考えられるプランはバスタブをシャワーユニットに取り替えるリフォームにです。これはバスタブを撤去した後に、その場所にシャワーユニットを設置するDIYリフォームになります。

このリフォームも上記のバスタブの取替えリフォームと同じように、工事に掛かる工数は比較的簡単に出来ます。工事に関するポイントは後述しますが、シャワーユニットの大きさ(縦×横×高さ)に対して設置するスペースが確保されていればDIYでも充分対応できます。

バススペース全てをリフォーム

お風呂周りのスペースがあまりにも古くなっており、バススペースの床や壁や天井の損傷が大きい場合は全てリフォームしたほうが良いかもしれません。

ただし、この場合は工事に掛かる日数も工数も多くなり、費用もかなり高くなることを覚悟する必要があります。リフォーム業者に全て依頼する場合の費用は最低でも100万円以上は掛かることでしょう。

バススペースをリフォームする場合の選択肢のまとめ

バススペースをリフォームする場合の選択肢として、工事に掛かる工数と風呂周り商品と材料の費用を中心に考えると、バススペースを全てリフォームすることはDIYで簡単に出来るような作業ではないことを考えると選択肢にはなりえません。

それでは、バスタブを取り替えるプランかシャワーユニットに取り替えるプランに絞られます。どちらにしても、DIYで工事に掛かる工数の面では同じくらいになります。

バスタブとシャワーユニットの商品本体の費用を比べると、どちらかと言えば、シャワーユニット本体よりもバスタブ本体の方が少し安くすむことでしょう。

また、家族が多い家庭の場合は、バススペースが家に2ヶ所あると便利だという方もいることでしょう。その場合は、バススペースのもう一つのリフォームとして、既存のバススペースは修復や外観補修のみで使用し、家屋内にもう一ヶ所シャワーユニットを設置するという選択も考えられます。

ここでは、シャワーユニットをDIYで設置するというプランを選んだ場合のリフォームについて以下でご紹介します。

シャワーユニットをDIYでリフォームする場合の工事のポイント

シャワーユニットとは工場で製作された部材・部品を組み立てるだけで設置が可能なシャワーだけができるユニットスペースです。

省スペースでも設置が可能な簡易シャワーユニットから、床部分がバスタブになっており湯船として使用できるシャワーユニットや、ジェットバス付きのシャワーユニットもあります。

ここでは、DIYでリフォームをするにあたり、工事をする時に注意しておきたいポイントについて、簡単にご紹介します。

上述したように、旧バスタブを撤去して、その場所にシャワーユニットを設置する場合でも、全く別の場所にシャワーユニットを設置する場合でも、シャワーユニットが設置できるスペースが確保できるかどうかを確認しましょう。

最も重要な点はユニットの高さです。シャワーユニットの大きさは各商品によって異なりますが、高さは概ね2m(200mm)~2.5m(250mm)程度のものが多いです。その他は、タテヨコのスペースが確保できていればスペースの面では問題ないでしょう。

次に、注意したいことは給水口と排水口の確保と下水管への接続です。元々、バスタブがあったバススペースに設置する場合は問題ないと思いますが、その他の場所に設置する場合は水の入り口と出口を確保できるかも重要です。

また、シャワーユニットの商品によっても異なりますが、排気口が付いているユニットの場合は排気口を確保するために、ユニット内から外部に空気を逃すための外壁工事も検討します。

最後に、給湯器具と電気ライトに関しても、新たな場所に追加でシャワーユニットを設置する場合は、給湯器具の熱源がガスの場合はガス管、灯油の場合は灯油槽の設置が可能かどうかなどを検討します。また蛍光灯などのライトの設置が必要な場合は電気配線も検討しましょう。

シャワーユニットをDIYでリフォームする場合の選び方と比較

シャワーユニットには商品の大きさや機能の違いにより、概ね下記のような種類に区分されます。それぞれの商品本体価格の目安も挙げておきます。

  • 簡易シャワーユニット(小型):5万円~
  • シャワーユニット(中型):6万円~
  • シャワーユニット(バスタブ付き):10万円~
  • 高級シャワーユニット(大型):20万円~

バススペース以外の場所に新規でシャワーユニットを設置する場合は簡易シャワーユニットがおススメです。1平米程度の広さがあれば設置することが可能ですし、ユニット本体の値段も、メーカーなどの拘りがなければ比較的安価です。

また、上記のような簡易シャワーユニットでは少し大柄の体格の方ではユニット内部が狭く使いづらいことでしょう。シャワールーム内に広さが欲しい場合は横幅1.2m以上の中型シャワーユニットがよいでしょう。

そして、シャワーだけではなく、寒冷地にお住まいの方は特に湯船に浸かりたいこともあるでしょう。その場合は、ユニット内の床部分がバスタブになっているタイプのシャワーユニットを選ぶのがよいでしょう。むしろ、多くの人がバスタブ付きのシャワーユニットを選択しているようですね。

最後に、バスタブにジェットバスやユニットにスチームサウナが付いている、ホテルなどでも使用されているようなタイプの多機能な高級シャワーユニットもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする