新規就農者へ|農業アルバイトや週末農業のすすめ

農業をしてみたい方、あるいは新規就農をしたいと考えている方の中で、何の知識も経験もない方が、いきなり農業を仕事としたいと考えている形もいるかと思います。

ところが、農業の仕事も適性があるかもしれませんし、将来は自営農家として農業経営に携わりたいと考えている方もいるでしょう。特に、そのような方は、農業の世界に飛び込む前の準備期間として農業体験をおススメします。

TSU18_okomedoudesuka_TP_V

農作業の適性と体力は?

農業体験といえば小学生時代に、サツマイモの植え付けと収穫の課外授業を思い出します。たった、一日だけですが、芋のツルを植えるだけ、あるいは芋を掘り出して収穫するだけでも、楽しかったと感じる方もいるでしょう。

その一方で、畑でのちょっとした作業だけでも疲れたと感じ疲労感だけが残る方もいるでしょう。たった一日の農業体験だけでも、自分が農業に向いているのか、向いていないのかが自己認識できるかもしれません。

農業を体験できる機会はたくさんある

その他にも、農業を本格的に体験できる機会はいくつかあります。

  • 農業ボランティア
  • 農作業のアルバイト
  • 週末農業

農家の繁忙期を利用して農業の理想と現実を確認する

実際に、農家の農作業で最も忙しい時期は、始まりと終わりです。つまり、種まきや苗植えの時期と収穫の時期には、猫の手も借りたいぐらい忙しくなります。そのため、特に収穫期には、農業ボランティアや農作業のアルバイトの募集は多くあります。

言葉は悪いですが、このような絶好の機会を利用して、実際の農作業を実体験したり、農家の方から直接話を聞いたりすることで、農業従事に対する自分の理想と実際に農家の現場で感じる現実のギャップの有無を確認することも出来るでしょう。また、農作業の実体験を通して、農業に対する過度の期待や不安も払拭できるかもしれません。

会社勤めの方でも、土日などの週末を利用して、収穫期にボランティアやアルバイトをするという選択肢もあります。もちろん、アルバイトとして働く場合は、副業となりますので、社内規定などに準ずる必要があります。

農家へ出向いて農作業に参加する機会を得よう

特に、農家の立場からすると収穫期には人手が足りなくなるため、老若男女問わず、ボランティアやアルバイトとして働く機会はあるでしょう。

ただし、農作業のアルバイトの時給や日給の相場は、それ程高くないのが現実です。お金を稼ぐためというよりも、農業に興味があるため農業体験をする機会を上手に利用するという意味合いの方が強いと思います。

農家さんによっては、取り扱い農作物を少し分けてもらったり、格安で分けてもらったり出来るかもしれません。アルバイト給料やご褒美以上に、このように一時的でも農作業に触れることができる農作業のアルバイトは、今後、本格的に農業を継続していくことに、自分にとっては適性があるかどうかを再確認することがが最大のメリットでしょう。

農作業に参加して将来の農業形態のイメージ作り

農業を一生の仕事にしたいと考えている方には事前準備として農業アルバイトやボランティアを通して、自分が農業に適性があるのかどうか、実際に農業を始める時には、どのような農作物を栽培したいのか、さらに将来的には、小規模な自営農家なのか、大規模な農業経営をするのかを考える機会も出来るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする